代表プロフィール

 

エッセンスガーデン代表 

渡辺啓美(わたなべひろみ)

 

Img0032-1.jpg


ダイエット・カウンセラー
フラワーエッセンス・セラピスト

 

 

私のことを「落ち着いている」と言ってくださる方もいますが、
実は結構「行動的」といいますか、「飽きっぽい」といいますか、
色々なことをしてきました。

その体験が今の自分の糧になっています。私を知って頂けたら嬉しいです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  


1959年 千葉県船橋市生まれ


母方の大叔父に、千葉県松戸で13歳にして「20世紀梨」の苗木をゴミ捨て場から
発見し全国に普及させた松戸覚之助をもつ。

 

そのフロンティア精神の血を受け継いだせいか、31才の時に
「広い世界を見たい!たくさんの人と出会いたい!」「楽しいという道を選ぶ」
という思いで、正社員の立場を捨てる。


アルバイト・派遣社員(一時はダブルワークも)で、事務職・営業・受付・秘書・
接客・販売など22年間で20回の転職を果たす。


仕事と並行して、興味をもった様々な分野の学びにチャレンジをする。

染織・テーブルコーディネイト・インテリア・風水・四柱推命・
色彩心理・
カラーマーケティング・人材教育プログラム・フラワーエッセンス療法・
カウンセリングを学ぶ。

「食・住空間、自然、気エネルギー」と「人間
の心理」との関係性の考察を深める。

両親共に肥満体質であるにも関わらず、40代までは
変化の多い刺激的な生活のお陰で、

Mサイズの体形を無理なくキープする。


50代に入り、母親が亡くなったことと更年期の体調不良により、
気力が落ち精神的に不安定になる。気がついたら10㎏の体重増加となる。

いくつかのダイエットにチャレンジするも、失敗。

56歳にして、小学校1年生の女の子に「お腹に赤ちゃんいるの?」
と言われてしまう(この時、ヒップ100㎝まで育つ!)

縁あって知り合ったダイエットサロンで食事指導のコーチを受ける。

自身の経験から、ダイエットで抱きがちな「我慢・焦り・罪悪感・自己否定」は
リバウンドの原因になると実感する。


ダイエットのプロセスで感じた様々な葛藤、欲求を
カウンセラー・セラピストの立場から自身で解消・コントロールしながら、
8ヵ月で10㎏のダイエットに成功、元の体重に戻る。

その後も記録は更新し続け、トータルで15㎏の減量、体年齢44歳を維持している。
奇跡の「リバウンドなし」ダイエットに成功している。


ダイエットのビフォーアフターは → こちら


体も心も元気になるダイエットサロン
「エッセンスガーデン」開業。

栄養・食事・環境・行動習慣・思考のクセを見直して、体と心を癒し、
五感を磨くことで本来持っている生命力を取り戻す健康ダイエットプログラムを
提供している。

ダイエット教室、大人のコミュニケーション講座、おしゃべりカフェの開催
カウンセリング、フラワーエッセンスセッションの提供




✰ ☆ ☆ ☆ ☆




もう少し詳しいプロフィールをお知りになりたい方は

こちら☟



1959年
千葉県船橋市に生まれる
3才から11歳まで、日本舞踊を習う

1972年
三輪田学園中学校入学
エレベーター式の女子校で、高校受験がなかったため
軟式テニスに明け暮れる

1978年
青山学院女子短期大学、英文学科入学
4年制の大学のテニスサークルに入部

1980年
日製産業株式会社(現日立ハイテクノロジーズ)入社
海外営業部でコンピュータ周辺機器の輸出事務職
6年務めるが、同じ毎日に先の姿が見えず、1度自分のやりたいことを
してみようと退社

1986年
大塚テキスタイルデザイン専門学校で工芸染織を学ぶ
6~8才年下の同級生との学校生活は楽しかったが、
1人黙々と作業する職人には向いてないと悟る

1988年
日本フクラ株式会社入社
高級インテリア家具及び布地の輸入事務職
やはり、単調な会社員生活は向いていないと悩む

1991年
「自分を通して人間とは何かを探求する」コンセプトのセミナーに参加し、
衝撃を受ける
「会社という組織に自分を縛るより、広い世界を見て、色んなことを経験したい」
ということに気づき、自分が「楽しい」と思える道を選ぶと決める

1992年~2014年
派遣・アルバイトとして、転職20回以上。
社員3人の個人会社から上場企業までの事務職・営業・受付・秘書・飲食店のホール・
コンパニオン・販売と多業種・多職種を経験。客観的な立場から人間観察と
状況洞察を深め、コミュニケーション力を磨く。

仕事と並行してプライベートでは、興味のある分野の学びを続ける。

テーブルコーディネート・生活空間コーディネート・風水(八宅・バグア)・
色彩心理・四柱推命・カラーヒーリングの資格・免許を取得

2013年
母他界。放心状態になってしまった時に、自然療法のフラワーエッセンスと出会い、
自分を取り戻す。
その後、フラワーエッセンス・セラピストの資格を取得。

2015年
カウンセリングを学ぶ。人の心の仕組み、過去の人間関係や自分自身のこと、
人の言動についての理解を深める。

2016年
50代に入ってから、10㎏の体重増加となる。
いくつかのダイエットに挑戦するも失敗、プロによるダイエットのコーチを受ける。

食事指導により、8ヵ月で10㎏の減量に成功。
現在まで、トータルでマイナス15㎏、体年齢44歳を維持する。

2018年
体も心も元気になるダイエットサロン「エッセンスガーデン」開業

ダイエットプログラム及び個人セッションの提供
ダイエット教室、大人のコミュニケーション講座、おしゃべりカフェ開催




☆ ☆ ☆ ☆ ☆



様々なことをしてきましたが、結局は
「人が好き」で、「楽しい」を求めて
好奇心全開で突っ走ってきました。


目の前の方が「元気で、笑顔でいてほしい」という思いだけです。

そして、あなたの周りの方にも「元気と笑顔」が伝染することを願っています。


「元気で笑顔でいる」ということは、
無理に頑張ったり、ポジティブになるということではありません。
あなたが何か別物に変わることでもありません。

ありのままの自分を素直に受け入れ、本来の自分でいるということです。

ところが、これがなかなか、難しいのですよね。

変化やストレスが多い環境の中で、
私もつい無理したり、周りに流されて、
ヘトヘトになる時もあります。

ダイエット中には、罪悪感や自己否定など
ネガティブな感情にも苦しみました。

でも、
自分の思いのまま、楽しく動けている時は
疲れませんよね。
ご機嫌でいられます!


あなたも「苦しい」ではなく、
本来の自分を輝かせる「楽しい」を
選択することが出来ます。

その時に、
あなたの体も心もエネルギーに溢れていることでしょう。


私の父は、高血圧、脳梗塞、糖尿病に苦しみ
自分でインスリン注射を打っていました。

母は、太り過ぎを気にして食事を控えていましたが
「あまり食べないんだけれど、痩せないのよね」と言っていました。
その時、私には意味がわかりませんでした。

健康でいたくても、いくら健康を気にしていても、
「正しい食事」と「人間の体と心のメカニズム」を知らなければ
私の両親のように苦しむことになってしまいます。

両親が生きていたら、
今の私には健康を取り戻す方法を伝えることができるのに…。

「朝ごはん、食べなさい」
「お腹の調子はどう?」
風邪の時には…
「何か食べたいもの、ある?」

小さい時から、いつもいつも、私の健康を気にしてくれて
(「うるさいなぁ」と思うこともありましたがw)
食事の大切さを教えてくれた両親に、もう恩返しができません。


今、私が出来ることは…

お会いできる方に、生きることに欠かせない『食』を通して
「健康の不安がなく、毎日が楽しく笑顔でいられる方法」を
お伝えすることです。

そういう生き方を選択する方を
精いっぱい応援することです。




ひとりひとりの人が
カラダとココロの真の健康を取り戻し
元気と笑顔のパワーで
本来持っている『本質』を輝かせること。

そして、
元気と笑顔のパワーが周りの人にも広がっていって
人と人が安心して繋がれる世界を創ることを目指して
精進して参ります。

 

 

 

 

 

【取得資格】

全心連プロフェッショナル心理カウンセラー

米国ハワイ州HMC心理カウンセラー

交流分析士、認知行動療法士

NLPプラクティショナー

ハート&カラー色彩心理インストラクター

IFECセラピスト(フラワーエッセンス)
(公認セラピスト紹介ページは → こちら

アロマ風水プラクティショナー