Health & Happy コラム

こちらのグリーンのバーをクリックすると、記事が読めます。

2019-07-30 16:01:38
もっと自分を大切にしていいんだ!

 「もっと自分を大切にしていいんだ!

 この気付きは、このダイエットで

 大きな変化だと思います」

 

 

 

 これは、

 ダイエット教室の生徒さんの言葉です。

 

 

 

 

そうなんです!

 

 

 

みんな、

気付いていないと思いますが()

自分を大切にしていないのです。

  

 

 

家族や

職場の人や

お客さんや

友だち、

 

周りの人の思いを優先して

その人達の為に頑張っていて

自分のことは後回しにしている人って

本当に優しくていい人で

周りの人に愛されています。

 

 

 

でも、

人のお世話に一生懸命で

自分の体や心のお世話を

してこなかった人達なのです。

 

 

 

そうすると、

自分の気持ちが分からなかったり

自分に手間を掛けることが面倒だったり

自分を認めることができなかったりします。

 

 

 

つまり、

自分はボロボロになっているというのに

自分で「自分の愛し方」が

分からないのです。

 

 

実は、それ!

ダイエットをすご~く頑張ったとしても、

残念なことになるかもしれません。

 

 

 

だって、

自分の体のことは

自分しか管理できないでしょ?!

 

 

 

そういう人のクセは

 

言いたいことを飲み込んでしまう

モヤモヤすることをうやむやにする

自分のせいじゃないのに自分を責める

我慢をする

頑張り過ぎる

傷ついても放置して癒さない

本当は望んでいるのに諦める

 

 

 

 

そりゃあ、

ストレスたまって 

知らぬ間に

食べちゃうわよね。

 

 

 

注目すべきを

「周りの人」から「自分自身」に

シフトしていかないと

本当の意味で

行動や体は変わりません。

 

 

 

健康を取り戻したい思いで

ダイエット教室に通っている彼女は

体重やサイズの数値はもちろん、

人間ドックの数値が改善したり

薬の量が減ったり

体力がついて行動的になりました。

 

 

 

それだけでなく、

こんなことも話してくれました。

「家族を幸せにしようと

自分をすり減らすのではなく、

自分が幸せになることで

家族が幸せになるんだと気付きました」

 

 

 

そのゆったりとした自信あふれる笑顔は

私をとてもハッピー💛にしてくれましたよ。

 

 

 

 

 

 

2019-06-29 14:24:25
「あなたを守ります」の真実

 

ある独身の男性の方、

ダイエットのご相談のキッカケはこうでした。

 

 

 

女性のお友達に 

こうアドバイスされたそうです。

 

 

 

「あなたを守ります」と相手の女性に 

誠意を持って言ったとしても 

その体形じゃあ、 

「自分のことを先にどうにかして!」って 

言われちゃうでしょ!

 

 

 

あまりにも的を得過ぎていて 

その場で、大笑いしてしまいました。 

失礼なヤツですね、私(>_<)

  

 

だって、 

相手を守らなきゃいけない時に 

サッと、動けるの?

 

 

相当なメタボ体形だったら 

生活習慣病になる道へまっしぐらだし 

将来、寝たきりや認知症になっちゃうかもしれない。

  

 

相手を守るはずが 

介護される側になる可能性が 

もう見た目だけで、 

すご~く高いわけです。 

 

 

自分の健康を守れない人が 

相手の何を守るというのでしょう??? 

マジで・・・

  

 

その言葉が嘘だとは思いませんが 

行動が伴わなければ 

結果は「嘘つき」になっちゃいますよね。

 

  

その言葉を信用できるかどうかは 

その人の今までの行動や生き方に由来していて 

つまりは、 

その人の体形や見た目は 

ひとつの判断材料とされてしまいます。

 

  

おせんべい食べながらテレビを見ているお母さんに 

「将来のために、勉強しなさい!」って言われても 

全く説得力ないなぁと思うでしょ()

 

  

信用というのは 

口先だけでなく 

行動を伴っていることで 

得られるのです。

 

 

 

相手から愛されたかったら 

まず自分を愛すること。

  

 

相手とずっと一緒にいたかったら 

まず自分が幸せでいること。

 

  

相手を守りたかったら 

まず自分の健康を守ること。

 

  

自分のことを大切にする行動ができてこそ 

あなたの大切な人を守ることができる 

素敵な人になれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-06-08 00:08:27
運動、嫌いなんです

正しいダイエットは、
筋肉量を増やして脂肪を燃焼させること。



ダイエット経験者ならば、
ご存知の方も多いかと思います。



「ダイエットで筋肉を増やした」と私が言うと、
「運動、キライだからなぁ」と、言われます。



「私も!」



15㎏減量した私も
運動が嫌いですよ(^^;)

だって、運動の面白さが分からないんだもの(笑)



正直に言うと、
私も運動、しましたよ。
1週間に30分くらい、
フィットネス教室に通い
体感を鍛える運動を強制的にやりました。



「家でも、やってくださいね~」
と指導されましたが、
全くしませんでした(笑)



「健康のために!」と思って
近所をウォーキングをしたこともあったけれど、
いつも同じコースで飽きちゃって止めました。



そんな私でも筋肉量が増えたのは、
食事を見直したことと
材料であるタンパク質を今までより摂ったお陰です。



健康のための嫌々な運動より
美味しく食べる方が私には合ってました(*^^*)



実際、私たち一般人がするような運動は
カロリー消費のためです。



筋肉量を増やすためには
やっぱり、食事・栄養ですね。



運動嫌いな方も
食事・栄養で筋肉量を増やすことができます。



安心してくださいね。

 

 

 

 

 

 

2019-06-06 17:05:00
張りぼての美しさなんか、羨ましくない!

ダイエット教室の生徒さんが教えてくれました。



雑誌で、ある美魔女が美しさを保つために
「サロンで脂肪吸引を定期的にしています♡」

と書かれていたと。



そこにいたみんなで、ビックリ!



私達は…

脂肪を落とすために
毎日毎日、食事や体の数値の記録をつけて
栄養や環境の勉強をして
喜んだり落ち込んだりする自分自身と向き合い
淡々と続けることを学び

日々努力の積み重ねをしているのに、
その美魔女は人の手を借りているんだ…



で、その生徒さんがひとこと。



「でもね、
そんな張りぼての美しさなんか、
全然羨ましくない!って思っちゃった」



なんか、涙が出そうなくらい感動しました!



だって、その生徒さんは
簡単ではないプロセスを乗り越えて
成長してきたということを
喜んでいるということだから。



日々の努力で習慣を身に付けてきたこと、
体調の変化や、数字の変化に
自信をもっているということだから。



他の生徒さんも、同意していました。

「私達がやっていること、
スゴイよね!」



そんなことを感じてくれていた生徒さんたちを
誇りに思います。



真の美しさって、
自分の内側から出てくるものですね。



あなたは、どうでしょうか?

チョチョっと痩せて、張りぼてのボディでいいですか?

日々努力して、カラダもココロも、真の美しさを手に入れたいですか?


 

 

 

 

 

1